ランジュバン関数とブリルアン関数の展開


ランジュバン関数 L(x)導出)とブリルアン関数 B_J(x)導出)の x<<1における展開をする。これらの関数は、

    \begin{eqnarray*}L(x)&=&{\rm coth}(x)-\frac{1}{x}\\\\B_J(x)&=&\frac{2J+1}{2J}{\rm coth}\left(\frac{2J+1}{2J}x\right)-\frac{1}{2J}{\rm coth}\left(\frac{1}{2J}x\right)\end{eqnarray*}

 

で与えられる。重要な coth(x)の展開を用います。


coth(x)の展開

    \begin{eqnarray*}{\rm coth}(x)=\frac{1}{x}+\frac{x}{3}+O(x^3)\end{eqnarray*}




1. ランジュバン関数の展開

coth(x)の展開を用いれば簡単に、

    \begin{eqnarray*}L(x)&=&{\rm coth}(x)-\frac{1}{x}\\&=&\frac{1}{x}+\frac{x}{3}+O(x^3)-\frac{1}{x}\\ \\\therefore L(x)&=&\frac{x}{3}+O(x^3)\end{eqnarray*}

と展開できる。

ランジュバン関数 L(x) の展開

    \begin{eqnarray*}L(x)&=&\frac{x}{3}+O(x^3)\end{eqnarray*}


2. ブリルアン関数の展開

少々計算が多いが、項ごとにそれぞれ展開する。

第1項:

    \begin{eqnarray*}&&\frac{2J+1}{2J}{\rm coth}\left(\frac{2J+1}{2J}x\right)\\ \\=&&\frac{2J+1}{2J}\Bigl[ \frac{2J}{2J+1}\,\frac{1}{x} + \frac{1}{3}\,\frac{2J+1}{2J}\,x+O(x^3)\Bigr]\\ \\=&&\frac{1}{x}+\frac{1}{3}\Bigl( \frac{2J+1}{2J} \Bigr)^2 \,x + O(x^3) \quad \cdots (1)\end{eqnarray*}

 

第2項:

    \begin{eqnarray*}&&\frac{1}{2J}{\rm coth}\left(\frac{1}{2J}x\right)\\ \\=&&\frac{1}{2J}\Bigl[ \frac{2J}{x} + \frac{1}{3}\,\frac{x}{2J}+O(x^3)\Bigr]\\ \\=&&\frac{1}{x}+\frac{1}{3}\Bigl( \frac{1}{2J} \Bigr)^2 \,x + O(x^3) \quad \cdots (2)\end{eqnarray*}

 

式(1)-式(2)より、

    \begin{eqnarray*}B_J(x)&=&\frac{1}{3}\Bigl( \frac{2J+1}{2J} \Bigr)^2 \,x -\frac{1}{3}\Bigl( \frac{1}{2J} \Bigr)^2 \,x + O(x^3) \\ \\&=&\frac{1}{3}\Bigl[ \left( \frac{2J+1}{2J} \right)^2 - \left( \frac{1}{2J} \right)^2 \Bigr] + O(x^3) \\ \\&=&\frac{1}{3}\, \left( \frac{1}{2J}\right)^2 \Bigl[ (2J+1)^2 - 1 \Bigr]+ O(x^3) \\ \\&=&\frac{1}{3}\, \frac{1}{4J^2} \, (4J^2 + 4J) + O(x^3) \\ \\&=&\frac{1}{3}\, \frac{1}{4J^2} \, 4J(J+1) + O(x^3) \\ \\&=&\frac{J+1}{3J}+O(x^3)\end{eqnarray*}

となる。展開の結果として、 ブリルアン関数 B_J(x) の展開

ブリルアン関数の展開

    \begin{eqnarray*} B_J(x)=\frac{J+1}{3J}+O(x^3) \end{eqnarray*}

を得る。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です