Emacsの2窓で快適に操作するためのコマンド集【Mac編】


 Emacs でファイル編集するときに、画面を分割して2窓で操作すると効率よく操作できる。ここでは、快適に操作できるようによく使うコマンドをまとめた。マルチウィンドウで快適Emacsライフを。





1. 画面分割コマンド

「Ctrl = control キー」である。

Ctrl + x 11画面に戻す
Ctrl + x 2縦に2分割
Ctrl + x 3横に2分割

縦分割:

  • 横に長いテキストファイルを見ながら操作する時

横分割:

  • ファイルを見ながらプログラムを書いたりするとき
  • ファイルを見比べたりするとき

1画面:

  • プログラムを書いたりするとき
  • ファイルを大きな範囲で見たいとき


2. シェル操作

Meta キー(M)は Option(⌥)キーなどである。キー設定は以下の通り。

[ターミナル] → [環境設定] → [キーボード] で設定可能。


M + x で 「shell」とタイプEmacs内 でシェルを起動させる
M + p1つ前のコマンドを表示

2.1 複数のシェルを開く方法

デフォルトの名前が「*shell*」なのでシェルの名前を変更する必要がある。

  1. Ctrl + x で rename-buffer とタイプして任意の名前にする。
  2. Ctrl + x で shell と入力(新しいシェルを作る)


3. Bufferに関する操作

Ctrl + x oBuffer(ウィンドウ)間を移動
Ctrl + x Ctrl + f でファイルパスの指定ファイルを読み込む
Ctrl + x i でファイルパスの指定ファイルを挿入する(Insert)
Ctrl + x kファイル(buffer)を閉じる(Kill)
Ctrl + x sファイルを閉じずに保存する(Save)
Ctrl + x Ctrl + c で y を入力Emacs を保存して閉じる
Ctrl + x Ctrl + c で n を入力Emacs を保存せずに閉じる
Ctrl + s で 「検索したい文字」を入力buffer 内の文字検索(search)
Ctrl + r で「検索したい文字」を入力buffer 内の文字検索(search backward)
Ctrl + x Ctrl + bbuffer一覧表示(開いているファイルを確認)
Ctrl+x b直前のbufferに戻る
Ctrl + g Ctrl + g操作をキャンセル

【検索】

  • Ctrl+s をタイプするごとに次の文字へ行く
  • Ctrl+r をタイプするごとに前の文字へ行く
  • Ctrl+r と Ctrl+s は同時に実行できる

【Buffer表示系】

  • 3つ以上(複数)開いているときに便利。何を開いているか確認できる。

「直前のBufferに戻る」の例:1窓でプログラムを書いているとき、ファイルを開くとプログラムは隠れる。そのときに、プログラムを再度見たいときに使用

【Ctrl + g Ctrl + g】

  • コマンドを間違えた時などに使用
  • とにかく Quit することで落ち着く


3. 文字列の置換操作

M + x replace-stringファイル内の特定の文字を別の文字で置換する

【ファイル全体における文字の置換】

  1. M + Shift + < でページの一番上に移動
  2. M + xreplace-string 
  3. 置換前の文字 → Enter → 置換後の文字 → Enter

【特定の範囲の文字の置換】

  1. Ctrl + Spaceキー で範囲指定(Mark set)
  2. M + xreplace-string
  3. 置換前の文字 → Enter → 置換後の文字 → Enter


4. Emacs を一時的に閉じる(Ctrl + z)

頭の $ はコマンドラインでの操作を表す(Unixコマンド)。

Ctrl + z一時的に emacs をストップ
$ fg ストップした emacs を再開
$ fg %1ストップした 1番目の emacs を再開
$ fg %2ストップした 2番目の emacs を再開
$ fg %n ストップした n番目の emacs を再開
$ kill -KILL %1ストップした 1番目の emacs を(保存せず)終了
$ kill -KILL %2ストップした 2番目の emacs を(保存せず)終了
$ kill -KILL %nストップした n番目の emacs を(保存せず)終了
$ jobs中断している buffer の一覧を表示

Ctrl + z の後:

[1]+  Stopped                 emacs

は中断しているemacs が 1個なので コマンドラインで fg を実行 

[2]+  Stopped                 emacs

は中断しているemacs が 2個ある状態:

  • fg は一番最後に中断した [2] が再開される
  • fg %1 で [1] が再開される
  • fg %2 で [2] が再開される(fgと同じ)


5. Bufferの印刷(プログラムの印刷)

 現在のバッファを印刷する(紙で印刷して勉強する方のため)

M + x ps-print-buffer現在のバッファを印刷

色付きで印刷するなどしたい場合は以下を参考にされたい。

参考:http://tam5917.hatenablog.com/entry/20120914/1347600433



6. まとめ

 他にコマンドがあれば随時追加していく。よく使うものに関してはキーバインドを設定すると良い。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です